スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

ラブライブサンシャイン12話13話への雑記

なんかTwitterに書いておくには長くなるしなぁ。
僕ラブあってライブあって帰ってきてなんやかんや12話についても触れれてないし。
少しずつ消化できれば良かったんだけど。まとめて書くかみたいな感じで。
トレスしながら思ったことまとめてたら。朝日が出てきました。

否定するのは肯定するより簡単みたいな。とこありますよね。自分も出来れば肯定していたいです。
まぁ人それぞれ、自分が思ったことだから、こここういう考え方も出来るんじゃないって教えてくれると嬉しいです。



12話でやって欲しくなかったシーンは「μ'sの聖地である海岸に行く」
13話でやって欲しくなかったシーンは「モブ」「カウント10」「観客が駆け寄る」
やりすぎだと思ったシーンは「寸劇の長さ内容」「控室での1年の抱き合い」
どうでも良い部分は「客席にしいたけ」「寸劇はレギュレーション違反」

まとめると以上かなぁと。



羽根はスクールアイドルとしての成長をするか、目標が定まり地に足がついて手に入るようなもので、
無印劇場版で誰も拾わないのは既に高みへ羽ばたいた存在であるからみたいな。
そういう解釈をしているので、μ'sからAqoursへ受け継いだって解釈ではないです。
だからこそ、12話で千歌がAqoursはμ'sになるのではなくAqoursになりたい、
自分たち自身の輝きを追い求めるという自覚をして羽根が手に入る。完璧なストーリーだと思います。

しかし、それをμ'sの終着点である海岸でやるのは違うんだよなぁっていう。
あそこでやるとμ'sからAqoursへ受け継いだっていう意味合いが強く感じられてしまう。
μ'sの後継者じゃなく、あくまで1つのスクールアイドルのストーリーである事を徹底して欲しかった。
無印劇場版では語り継がれているけど12話ではμ'sは何も残さなかった、そういう粗っぽいことはあんまり考えてません。
(どうでもいいけどμ's最後の部長小泉が高校3年間を経て何も残さない決断をするストーリーが見たいすぎる)

Aqoursが海岸に降り立ったのは奇跡/偶然であってμ'sの聖地とは知らないかもしれないけど、視聴者にとっては別で。
12話で何も残さなかったって言ってるのに後継者みたいな立場に立たす。そこはチグハグにしちゃダメでしょうと。

更に物語ために唐突にキャラを動かすんじゃないよと。
むしろここまでPVといい内浦を推してきたんだから内浦の海岸でやれば良いようなことをわざわざ。
正直そういう冷め方をしてた12話でした。



どうでも良いと思ってる部分の「客席にしいたけ」「寸劇はレギュレーション違反という意見」
この辺はどうでもいいです。これまでのラブライブ通りそれなりに非現実はあるよで片付けれる部類だと個人的に。寸劇すること自体は悪ではなく内容さえ変えればやり方はあったのではないかと、これは後述。
この2つはわざわざ話題に出してるのを見るのも険しいですね。

やりすぎだと思ったシーンの「寸劇の長さ」「控室での1年の抱き合い」
寸劇自体は、この内容ならやって欲しくなかった箇所に入れてもいいと思うけど内容と尺が違ってたら良かったかもだしこっちで。
ドキュメンタリー的な今までこんな苦労がありました!みたいなお涙ちょうだいのやつ見せられるのは嫌いなんですよね。
地区予選でも自己紹介とアピールタイムがあるぐらい凄くなったんだねラブライブっていうとりあえず無理やり解釈。
総集編みたいな寸劇はの内容はしなくて良かったよね。むしろそういうのなら舞台裏で回想シーンぐらいで良かったよね…
結果的にAqoursがμ'sの後継者みたいな特別扱いの印象を12話に続いて受けてしまうのがホントに嫌でしたね。

後者はボクが1年生好きだからその分違和感を覚えてやって欲しくないんだろうな~って思ってたら皆キャラ掘り下げてからやれって言ってて安心しました。良かったです。
そうだよね。泣かなくてもいいよね。頑張ろうみたいな絡みで良かったよね。涙は来る最後まで取っといて欲しいよね。
カスなキャラ付けばっかしてないでもっとキャラを掘り下げてからやって欲しいよね。
まぁでも1年組かわいいから何でもいいよね。好き。



13話でやって欲しくなかったシーンは「モブ」「カウント10」「観客が駆け寄る」
シゴロが今になって夏休みも練習してると知ったという描写がいらなかった。
ずっと見守り続けていて一緒にやりたい決心がついたみたいな展開ならもっと積極的に捕らえられたよね。
例えずっと熱いものを持ってたとしても、あの描写で自分は手のひら返しみたいな印象を少なからず受けたし、勿体無いなぁと。

梨子ちゃんは皆で歌えないというのをわざと当日まで言わずに、モブ共に応援として駆けつけさせようと。
そうでもしないと結局名古屋まで応援に来ないでしょ?っていう最悪の考え方で納得してますね。
普通にシゴロだけ応援に来て欲しかったなぁ。そこはヒフミポジに落ち着かせれば良かったやん…
物語として名古屋までめっちゃ応援来た構図作りたかったにしてもなぁ…更に言えばその結果が駆け寄りダッシュだからなぁ…物語のためにキャラを動かすなって何度目だろこれ。

カウント10はやって欲しくなかったの一言で。
シャイ煮といい中の人側から逆輸入するものを間違えてるんだよなぁ…

観客が駆け寄るのは、リアルタイムで見てる時はえぇー…って言いながらも一旦ネタに消化しようと
「この曲をライブでやったら最前まで走ってもいいってこと?」みたいなニュアンスのツイートを即しましたが。
演出としてでもやっていいこととダメなことがあるよね。

12話見て冷めてたけどTLは大体最高!っつってるし、12話については落ち着いたら話そうって感じで、
13話はクソクソ言う事すらめんどくさい冷め方でしたね。
13話については冷めた意見が多数を占めてたから安心しつつ、この話数に関しては粗ばっか探すのもなって感じだったので、
自分の意見整理出来るまで話すの難しいかなぁと思いとりあえずこちらへ。



あと正直メモです。雑記です。話題あっちこっちです。

結局Aqoursの物語がμ'sの後継者の物語って12話13話で急に言いたくなったかのような物語に感じられ、
物語/制作の都合でキャラを動かすなと。

3話で今のリアルのラブライバーの現状もアニメに上手い事落とし込んでいた所に惹きつけられたのは確かで。
ダイヤさんの「これまでの先代の遺産とみんな協力があってからこその成功」って言葉。
サンシャインは前作があったからこその成功であり、12話13話は前作があったからこその失敗なんだよなぁ。
3話はいいけどそういった前作に頼らずに一人立ちする終わり方をキッチリやって欲しかった1期でした。
キャスト9人全員どれくらい前作を意識して難しい考えしてるか分からないけどG'sの伊波さんのインタビュー読めよ。
あの人は一人立ちしようとして、在り方輝き方について考えてると思うよ。(他の人が適当にやってると言ってるわけではなく例です)

逆輸入するなら?何かG'sインタビューとかでもいいからキャストのサンシャイン加入への意気込みとか
アバウトだけど前作があるからこその覚悟とかそういう所、それを描いた上での一人立ちみたいな。

まぁ結局ドラマが起きるのを期待するならライブだしAqoursとしての中の人を追いかけるしかないんだよなぁ。

あとAS姐が呟いてた輝きたい=0を1に=廃校阻止みたいな話題。なんかなぁという感じで。
なんか適当に追記したいなぁと。おやすみ。
おはよう。まぁ長くなりそうだし追記はモイですね。はい。

良し悪し関わらず一理あるとか思った感想ブログみたいなのメモで置かせてもらいますね。
こういうの勝手にやっちゃダメですかね。
http://ameblo.jp/hentarou-sunshine/entry-12204843804.html
http://happy-tr.hatenablog.com/entry/2016/10/03/161441
http://keian.hatenablog.com/entry/2016/10/04/145915
http://ayarieshon.hatenablog.com/entry/2016/10/03/013019
スポンサーサイト

2016.09.26(Mon) | 未分類 | cm(0) | tb(0) |

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。